• B分野

B01
ユーラシア高緯度域を縦断した大気-森林生態系の 物質交換機能解明

研究概要

フラックスタワーで観測される生態系のCO2吸収(光合成)と放出(呼吸)は、地球の炭素循環において最も重要なプロセスである。高緯度から低緯度を縦断する多地点での生態系レベルの観測と詳細なプロセス解析は、長期・広域の生物圏機能変動の解明と予測の根幹であるとともに、人工衛星による生物圏機能の推定アルゴリズムの開発と精度向上のためにも必須である。これらの観測に加えて、生物圏機能の各プロセスと環境の因果関係のより精密な情報を得るためには野外フィールドでの操作実験が有効である。つまり、生態系間の生物圏機能及びその環境応答メカニズムの違いを理解するためには、多地点におけるフラックスタワー観測と生態系操作実験及び長期生態学調査を同所的に実施する研究サイトのネットワークを整備し、さらに人工衛星観測とのスケール統合連携を強化しなければならない。

そこで、本計画研究では、

①既存タワーの運用と、観測体制の再整備として、新規サイト・タワーの設立(サラワクなど)や休止タワーの再稼働(タイなど)を行う。現行の観測を継続しながら、順次新規観測を開始する。

②緯度勾配に沿って設置されるコアサイトで植物・土壌の野外疑似温暖化実験、土壌物理性改変実験、降雨遮断実験、共通圃場実験などを行い、環境変化が生物圏機能に与える影響を解析する。

③観測・実験結果を解析し、CO2吸収・放出速度の時空間分布メカニズムの知見を得る。

さらに、得られたデータを用い、生態系スケールの物質循環モデルの逆計算により、生物圏機能パラメータの時系列と環境応答を得る。これらの情報を校正・検証用データとして他班に提供し、生物圏機能マッピング作成に貢献する。

領域内の役割は生物圏機能各プロセスの観測と野外操作実験・モデル化・マッピング。サイト研究の支援。

 

研究メンバー一覧

    • 研究代表者
    熊谷 朝臣
    KUMAGAI Tomoomi
    東京大学/教授(フラックス-生物圏機能関係解析)

    • 研究分担者
    日浦 勉
    HIURA Tsutomu
    東京大学/教授(長期観測データの解析と生態系操作実験)
    • 研究分担者
    村岡 裕由
    MURAOKA Hiroyuki
    岐阜大学/教授(植物生理パラメータの環境応答解析)
    • 研究分担者
    福田 健二
    FUKUDA Kenji
    東京大学/教授(植物生理パラメータの環境応答解析)
    • 研究分担者
    斎藤 琢
    SAITOH Taku M.
    岐阜大学/助教(フラックス観測)
    • 研究分担者
    清水 貴範
    SHIMIZU Takanori
    森林総合研究所/室長(フラックス観測)
    • 研究分担者
    飯田 真一
    IIDA Shin'ichi
    森林総合研究所/主任研究員(フラックス観測)
    • 研究分担者
    久米 朋宣
    KUME Tomonori
    九州大学/准教授(フラックス観測)
    • 研究分担者
    市榮 智明
    ICHIE Tomoaki
    高知大学/教授(植物生理パラメータの環境応答解析)
    • 研究分担者
    宮沢 良行
    MIYAZAWA Yoshiyuki
    九州大学/助教(植物生理パラメータの環境応答解析)
    • 研究分担者
    植山 雅仁
    UEYAMA Masahito
    大阪府立大学/准教授(フラックス-生物圏機能関係解析)
    • 研究分担者
    中村 誠宏
    NAKAMURA Masahiro
    北海道大学/教授(生態系操作実験)
    • 研究分担者
    小林 真
    KOBAYASHI Makoto
    北海道大学/准教授(生態系操作実験)
    • 研究分担者
    中路 達郎
    NAKAJI Tatsuro
    北海道大学/准教授(生態系操作実験)
関連研究レポート

「研究レポート」一覧を表示